今年もいろいろありがとうございました。

2013年12月31日 (火) .

 今年の新年ってどんな気持ちで迎えたったかな。
 来年こそはと年の瀬の今、心秘かに念じている。

 思いもよらぬ12月の14日(土)の早朝、たまに実行してい
た早朝散歩で足を滑らし、左手首を骨折してしまいました。

 私はかの絶景の地広瀬川河畔に歩いて5分の処に住ん
でいます。仙台という大都会にありながらこんな体に良い遊
歩道完備の広瀬川河畔を散策しない手はない、利用しない
ではバチ当りになると常々感じ入ってたのです。

 そんなことで時間的に余裕のある時など早起きした時には
スッピンでふかぶか帽子をかぶり、だれにも悟られないように
歩いてました。雁のファミリーに挨拶したり、発声練習をして
みたり様々な事をやりながらのお散歩は本当に気分爽快。
今日も頑張ろうの清々気持ちになるものです。

 そんな爽やか気分で今日一日に立ち向かうのだが、無残
な儚い日を受け止めねばならない日がなんと多かった事よ
か。デリカシーさえあれば何と云う事ないのでしょうが、許し
難い事象はそう簡単に拭い去ることは出来ず、怨念的私情
は自分だけでは処理しかねた。

 いろいろ気分的問題はかなり引きづってしまったが、いよ
いよもってネバならないことの対応が山積している。

 今後、この東北の惨劇をなんとかしなければならない世
界に身を置きつつ、本来の自分を頼って来られるお施主様
の意向実現の仕事を第一とし、人生集大成の一歩一歩を
整理して行きたいと思う。

 暮れの仕事場整理するたび本当によくスゴイ仕事をして
来たものだとつくづく思う、それだけどんなに多くの方々に
支えられ、助けられて来たものかを知る。有難いことです。
 本当に感謝、感謝。

 骨折して思うこと、左手首ちゃんをホローする為、右手は
勿論のこと、両肩、口、足皆それぞれ頑張ってくれている。
まるで自分の人生そのものである、
 何かが不自由していると出来るものがそれを補おうとして
くれる、嬉しい限りでした。

 今後も皆さんのお力添え頂いて精一杯私なりに頑張って
行こうと思う次第です。骨折が今年の厄落としになればと
願い、正月後の1日1日を意義深いものに成るよう来年も
ゆったりとこころ豊かな日々を送れるよう頑張ります。

 年内いろいろとありがとうございました。
 

このページの上へ戻る △

既存ストック建物活用を考えよう

2013年7月19日 (金) .

過日、建築士会全建女協議会分科会におけるコメンテーターの報告で、とても感心した事があります。

それは、ストック建物の再生活用ということでコンバージョン(用途変更)し、古いオフィスビルを集合住宅に改修した例と、木造貸家住宅の既存建物をリノベーションして、小さな新しいコミニティの世界を造られた例の、報告です。

今現在活用し損なっていて、かつ建て替えには今一踏み出せないでいる建物のオーナーさん、一寸検討、研究の余地がありませんか。

そして、このような地道な建築計画相談は、女性建築士がうってつけです。これを機会に、私達女性建築士有志が一緒になって取り組んでみてみませんか。このようなご時世、既存ストック建物活用すると云う事はとても大切な、大事な事と思います。そしてそれは女性建築士ならではの仕事ではないかと感じ入っているところです。

このページの上へ戻る △

若さって良いのよね

2013年7月18日 (木) .

 選挙戦たけなわ、本当に大変。ましてや国政選挙ともなれば
活動範囲の広さで、まるで雲を捕まえるみたいでシカッとした
感触がなくただ闇雲に叫んでいるみたい。
 アメリカのように選挙人代議制だったrと思う。自分の意向の
代理人を選定し代行してもらう。
 それにしても立候補者のなんと若いことよ、25歳いじょうであ
ればどなたでも議員さんになれる、が、果たしてそんな条件だ
けで良いのだろうか。これが国民の代表といえるのだろうか。

 久々に建築士会連合会 全国女性建築士連絡協議会に出rimg0409席してみた。40,50代前後の我こそ女性
建築士で御座います、赫々しかじかこのように日々建築のお仕事なり活動をして
いる様をビンビン見せつけられ、頼もしい限りでした。

 自分もあの頃はそうだったかなと思いを馳せてみたが全く思い当たらない、でも随分と一生懸命だったのだがなとは思う。
 あの頃の自分に足らなかったもの、それは世の大局を見れず
、目先の事をこなすのに一杯いっぱいだったのかも。

 女性建築士の仕事の領域も今は随分と広がった、建物を造る
だけが仕事ではない、そんな観点からか物事の表現が多岐多
様でどこか表面的で肉厚を感じない。それが若さなのかも。

 でなきゃ世のスピード、広汎な世の情報について行けなくなっ
て仕舞う、あれもこれも何か自分に消化しないと落ち着かないのかも。

 今日NHKで72時間という番組で神奈川の八景園水族館のま
んぼうが放映されていた。超ブスでヒョウキンな不格好図体の体
で気ままにノンビリ流れるままにプカプカ浮き泳いでいた。
 それをわざわざ見に来ている来館者へのインタビュウ番組だ
ったが、どこかまんぼうをうらやましそうだった。rimg14991

 仮設で二年越しでどうにもならぬ思い
で今を暮らしている方がたがいる、仮設
住民間でもこれ以上この状態が続けば
いつ互いにヒビが入るかもしれない処ま
で今は来ている。

 皆が何かを耐え凌ごうとしている様は一発触発をまねかねない。
少しは地に足をつけ、本音で云い合える安心安全空気のある
実世界を富に近々感じるところです。そんな世界造りに何か
自分に出来る事あらばと願う今日この頃です。

このページの上へ戻る △